アニメマンガ・声優・アニソン・歌詞のあきば向けカルチャー情報を配信

トップピックアップ
カテゴリー:アニソン

【動画コメント有】織田かおりインタビュー「みんなに“Gift”を贈りたい」

2017.07.26 10:00

織田かおりビデオ・メッセージ  
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

※iPhone・iPad等モバイル用の動画はコチラをタップ!

Adobe Flash Player を取得


抜群の歌唱力でファンから支持されている織田かおりさん。待望の4thアルバムが2017年7月26日にリリースされます。乙女ゲームのタイアップ曲からオリジナル曲まで、織田さんの色んな表情が見れるような作品に仕上がっているんだとか。自らが作詞を手掛けた新曲に隠れた驚きの裏設定など、存分に語っていただきました!

前回のインタビューはコチラ 前々回のインタビューはコチラ

もらってばかりの感動を、みんなに返していきたい


――2017年7月26日にリリースされる「Gift」ですが、どんな作品になりましたか?



この作品のテーマは、タイトルの通り「贈り物」。ライブやリリースイベントでお客さんと触れ合いながらふと、いつもファンの皆様に元気とか感動を貰ってばかりだなと考えたんです。自分からも周りの人に何かを贈りたくて、今回のアルバムを制作しました。普段ゲームのタイアップ曲を歌わせてもらうことが多いのですが、「Gift」ではオリジナル曲も多く収録されていて、ありのままの私も見てもらえると思います。

織田かおり インタビュー

――以前のインタビューでは、『アルバム作りでは自分のいろんな面が見れるようにしたい』と聞きましたが、今回の作品も?



色んなジャンルの音楽や作品に関わることが多くて、お仕事を受ける内に自然と色んな面を引き出してもらっていた感覚があります。今回オリジナル曲をたくさん作ると決めてから、なにか1つテーマを決めて好きなようにやってみようと思ってました。 新曲は以前からお世話になっている3人の作曲家さんに「みなさんが思う“織田かおり”をプロデュースしてください」とお願いしました。初めにできたのは最後に収録している「Give it to you」という曲です。



――草原の中で歌っている「Give it to you」のMV、素敵でした。



撮影の時も、すごく気持ちが良かったですね! 初めて曲を聴いた時に、広々とした緑に囲まれた爽やかなテイストにしたいなと思ったんです。 今回の「Gift」初回限定盤には、「Give it to you」のPVはもちろん、レコーディング風景や撮影オフショットも収録してます。今まで、撮影オフショットを出したことはあったけど、歌を収録する場面を見せたことはありませんでした。完成された歌や言葉だけでは伝わらないものを届けられるんじゃないかな。



――思い入れの深い1曲なんですね。



特に自分のバースデーライブの一週間後にレコーディングしたので、ダイレクトに想いが詰まっています。いつも作詞する時は、自分の想いをどう伝えたらいいか悩んだりちょっと照れくさくなっちゃったりで、時間がかかってしまうんです。今回は感謝の気持ちが冷めない内に書けたので、すんなり出来上がりました。




この1年間、かなり妄想しまくっちゃいました(笑)


――かなり個人的なんですけど、「WORKING!!」がすごい気になりました。働く女子に刺さるというか。



作曲のなるけみちこさんにプロデュースをお願いしたら、「かおちゃんに、若い男の子を叱ってほしいな!」と言われたんです。“もし織田かおりがキャリアウーマンだったら”っていう曲ですね。元々、姉御感が強いらしいので、それを前面に出すようにしました。年下の後輩くんを叱りつつエールを送る理想の上司のイメージです。



――確かに、こういう女上司がいたら憧れちゃいますね。かなりリアルな歌詞でしたが、会社員をやっていた時期もあるんですか?



OLをやったことがないので、完全に想像ですね。キャラ設定からストーリーまで、妄想を膨らませちゃいました(笑)。この曲の主人公は、自分のスキルを活かした仕事をしていて、後輩に厳しいけど正しいことしか言わない。上司にも、間違ったことは間違ってるってハッキリ言えちゃう。強く何かを言った後は自分でちゃんとフォローできるからみんなから認められている。本当に“働く女子の理想”というか。 私と同世代って、人生の転機が訪れるタイミングというか。この曲の主人公は、仕事一筋のカッコイイ女性で考えてました。



――妄想で作り上げた曲なんですね(笑)。



普段からあまり妄想はしないんですけど、このアルバムを作る1年間、かなり妄想しまくっちゃいました。 「Stole my heart」も妄想を膨らませて歌いましたね。この曲は、「おとどけカレシ」の主題歌。恋人派遣サービス会社から派遣されてくる男の子たちとの恋を描いたドラマCDです。仕事を頑張ってるけど、なぜか彼氏はできない。そんな女の子がレンタル彼氏を頼んだところからストーリーが始まります。レンタル彼氏だから恋をしちゃいけない決まりがあるんだけど、人を好きになるのって理屈じゃないですよね。歌詞の中ではピュアなまま大人になった女子が、ずっと彼の事を意識しているイメージなので、全体的にキラキラしたポップチューンに仕上げました。 私の中であまりやったことのないキャラ設定だったので、入り込むのが難しかったです。強い女性とは違うし、でも、か弱すぎると自分のイメージと違うし……って。そのあたりのさじ加減は、レコーディングの時に苦労しました。



――大人女子恋愛観を歌っているんですね。



大人の恋愛って、結構ハードルが高いと思うんですよね。今自分に好きな人ができたとして、現状の生活や相手の立場を考えてしまって、学生の時みたいに簡単に告白なんてできない。誰だって年齢を重ねるごとに、ストレートに表現するのが難しくなると思います。人間の本質は変わらないと思うけど、表現の仕方が変わってきちゃうのかな。 ……というのを考えていると、私って大人になったんだなぁって。それが楽しくもあります。



――「WORKING!!」や「Stole my heart」は、設定がかなりリアルな感じがします。



今回のアルバムの収録曲は、現実的なものが多いんじゃないかな。リスナーのみんなが入り込みやすいものを贈りたかったんです。自分が生きてるところにリンクする作品をたくさん入れられたかなと思います。



織田かおり インタビュー

わたしが戦い続けてきたサバンナは小さな箱庭


――一方、「Theatrium」や「RUN-LIMIT」はかなり非現実な世界観の作品の曲ですよね。



「Theatrium」は謎に満ちた世界で恋に落ちるという物語の女性向けシチュエーションCDの主題歌。タイアップ曲で歌詞を書いたのは初めてでした。どうしたら作品の世界観を落とし込めるか、伝わらなかったらどうしようって、かなり迷いながら書いてました。ファンタジックで非現実的な雰囲気が出せてればいいですね。 ダークな雰囲気の「RUN-LIMIT」は、キャラクターCD「RUNLIMIT」の主題歌。限りのある時間の中で、主人公と恋に落ちるんです。ロックなアツいナンバーなので、歌っていて気持ちがいいですね。命をかけてまで守られたら好きになっちゃいますよね。



――色んな系統の曲が入れ込まれていたと思いますが、「サバンナの疾風」は異色な感じがしました。



この曲、私のことを表現してるんですよ。私が今いる世界を、サバンナと箱庭に見立てているんです。私の活動を初期から見守ってくれている、なるけさんに書いてもらいました。 詳細を聞くまでは、自分を表した曲だとは思いませんでした。でも、よく聞いてみると、確かに私の今までとこれからを歌った曲で。 「わたしが戦い続けていた サバンナは小さな箱庭」という部分では、苦しんでたことを思い出したり、今挑んでいることに結びついたり。色々と思う所がありました。私が今戦っているこの場所は、まだまだ小さな世界なんです。



――よく聞き込んでみると、深い曲なんですね。



自分でも最初気付かなかったくらい深い(笑)。わかる人にだけわかってもらえれば、それでいいんです。 自分の音楽人生をすごく長い目で見ているので、まだ始まったばかりだなと思っています。この先、どんな世界が待っているか全然わからないけど、どんな場所でも私は戦っていくと思います。その中でもがき苦しむこともあるかもしれません。でも、乗り越えた後に振り返ってみると、「なんだ、まだまだじゃん」と思うんじゃないかな。私の場合は歌だけど、やり続ける事って、実はすごく大変なこと。これから先、ずっと歌っていくために、箱庭の大きさはわからないけど、ずっと一緒に歩んでいくんだろうなって思います。これからもっと、大きな世界に羽ばたいていきたいと思います。



――例えば、具体的に今後何か動いていくものもあったり?



新しいものを産んでいかなきゃいけないですよね。そのためには、ライブをいっぱいやっていきたいんです。ライブでお客さんからもらった想いから、「Give it to you」も産まれましたし。直近では、2017年10月6日に「Gift」と題したライブをやります。その前にもリリースイベントを各地でやるので、また直にファンの皆様と触れ合うのが楽しみです。



織田かおり インタビュー

――ありがとうございました! 通常のライブよりも密接にファンの方と触れ合えるリリースイベントを楽しみにしているという織田さん。まだ見ぬサバンナに向けて、今後も大きく羽ばたいていく姿を楽しみにしています!


初回限定盤
Gift
品番:KDSD-00997-00998
価格:¥3,800+税
―――――――――――――――
通常盤
Gift
品番:KDSD-00999
価格:¥3,000+税

織田かおりニューアルバム「Gift」

2017年7月26日(水) リリース!!



01. World's End Syndrome
(PlayStation®Vita 用ゲームソフト「7’ scarlet」オープニングテーマ) 歌詞を表示します
02. WORKING!! 歌詞を表示します
03. Stole my heart
(オトメイトレコード「おとどけカレシ」主題歌) 歌詞を表示します
04. for you 歌詞を表示します
05. 零れそうな月
(PlayStation® Vita 用ゲームソフト「7’ scarlet」ユヅキ編エンディングテーマ) 歌詞を表示します
06. 無限のDYSTOPIA
(iOS & Android 用アプリ「宿星のディストピア」主題歌) 歌詞を表示します
07. Theatrium
(オトメイトレコード「Theatrium 虚像の庭」主題歌) 歌詞を表示します
08. RUN-LIMIT
(オトメイトレコード「RUNLIMIT」主題歌)
歌詞を表示します
09. mindscape. 歌詞を表示します
10. 希望の彼方
(PlayStation®Vita 用ゲームソフト「Code:Realize 〜祝福の未来〜」エンディングテーマ2) 歌詞を表示します
11. サバンナの疾風 歌詞を表示します
12. 星を繋いで
(PlayStation®Vita 用ゲームソフト「ノルン+ノネット アクト チューン」エンディングテーマ) 歌詞を表示します
13. Give it to you 歌詞を表示します

●イベント情報

織田かおり4th アルバム「Gift」リリースイベント決定!


【日程】2017年7月29日(土)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】名古屋・アスナル金山 明日なる!広場


【日程】2017年7月30日(日)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】名古屋・イオンモール大高  3Fタワーレコード前イベントスペース

【日程】2017年8月5日(土)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】大阪・あべのHoop 1F オープンエアプラザ
 
【日程】2017年8月6日(日)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】兵庫・阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ

【日程】2017年8月11日(金)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】埼玉・HMVイオンモール浦和美園 店内イベントスペース

【日程】2017年8月12日(土)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】神奈川・タワーレコード川崎店 店内イベントスペース

【日程】2017年8月14日(月)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】千葉・ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ

【日程】2017年8月15日(火)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】神奈川・トレッサ横浜 北棟2F リヨン広場
【日程】2017年8月15日(火)

【日程】2017年8月19日(土)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】神奈川・タワーレコード横浜ビブレ店 店内イベントスペース

【日程】2017年8月20日(日)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
【会場】東京・HMVエソラ池袋 店内イベントスペース

【日程】2017年8月26日(土)
【開演】13:00〜、15:00〜 ※2回公演
  【会場】東京・カレッタ汐留 B2F カレッタプラザ


▼各イベントの詳細は下記をご確認ください
http://www.team-e.co.jp/sp/oda_kaori/index.html


●【織田かおりソロLIVE】

「織田かおり 11th SOLO LIVE “Gift”」


2017年10月6日(金)
開場 18:00 / 開演 19:00
会場 TSUTAYA O-WEST
料金 ¥5,000(税込)整理番号付 スタンディング
※未就学児童不可。小学生以上チケット必要。※別途ドリンク代必要
チケット一般発売日 2017年9月2日(土)各プレイガイドにて
※ニューアルバム「Gift」にチケット先行予約のお知らせが封入されます

お問い合わせ スペースクラフトプロデュース
spacecraft-produce@spacecraft.co.jp






記:都築みやこ

この記事にコメントする
<関連記事>
【動画コメントあり】吉岡亜衣加スペシャルインタビュー
【動画コメント有】等身大のmaoとの『dialog』
【動画コメント有】「ずっと、音楽を届け続けたい」 霜月はるかスペシャルインタビュー

<関連リンク>
織田かおり 公式サイト
織田かおり Twitter
織田かおり 公式ブログ
織田かおり Artistsite

<関連商品>