アニメマンガ・声優・アニソン・歌詞のあきば向けカルチャー情報を配信

トップピックアップ
カテゴリー:アニソン

【動画コメントあり】吉岡亜衣加スペシャルインタビュー

2017.02.16 10:00

吉岡亜衣加ビデオ・メッセージ  
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

※iPhone・iPad等モバイル用の動画はコチラをタップ!

Adobe Flash Player を取得


『薄桜鬼』シリーズの主題歌を担当し、女性ファンからの絶大な支持を集めるシンガーソングライター・吉岡亜衣加さん。力強く伸びやかで切なさを含む歌声と、お茶目でまったりとした癒し系トークのギャップがチャーミングです。現在開催中の47都道府県全国ツアー「心で出逢う47都道府県の旅」への想いからニューアルバム『虹をつないで』誕生秘話、プライベート話まで、たっぷり聞いてきちゃいました!

前回の吉岡亜衣加さんインタビュー記事はコチラコチラから

オリジナル曲のテーマは"甲子園"!? 『虹をつないで』制作秘話


――ニューアルバム『虹をつないで』がリリースされますね!



本作は7枚目のオリジナルアルバムです。
今回は『薄桜鬼』シリーズや『和奇伝愛』シリーズのタイアップ曲をはじめ、オリジナル曲も収録した、聴きごたえたっぷりのボリュームに仕上がりました。
和風の曲からカッコイイ曲、みんなで歌える曲など、様々な楽曲を収録しているので、楽しんで聞いていただけるのではと思います。



吉岡亜衣加 インタビュー

――最初は『薄桜鬼 真改 風ノ章』の楽曲でまとめましたね。



以前のインタビューでもお話ししたように、1曲目の『瑠璃ノ空へ』は突き進むイメージで歌っているので、今回のアルバムでは絶対最初に入れたいなと考えていました。2曲目の『常盤火』は、とどまるイメージ。この2曲は作品の世界観を大事にしているので、続けて聞いてもらいたいです。



――3曲目は『薄桜鬼 士道演戯』エンディングテーマ曲ですね。



この曲は運命を運ぶ川のイメージです。運命の川が流れていくことによって、誰かとの出会いや待ち受ける試練が変わる……。その点では、川というよりも「人生」を表していると言えるかもしれません。とにかく、力強く表現することを目指しました。



――4、5曲目はオリジナル曲ですね。2曲とも吉岡さんが作詞作曲を手掛けているとか?



『旅立ちの時〜未来へと〜』は、タイトルからもわかる通り、「卒業」の曲です。
『虹をつないで』のリリースが2/15なので、卒業間近だというリスナーさんも多いと思います。私が学生を卒業する時、お友達と別れるのが辛かったことや、ずっと一緒にいたいけれど、自分の夢のためには歩き出したことを思い出しながら作った曲です。卒業ソングながら、「寂しい」「悲しい」だけじゃなくて、「未来に心が弾んでいる気持ち」も表現しました。
5曲目の『YELL』は、バンドっぽいサウンドでかっこよく青春を歌った曲です。「甲子園」をテーマにして作りました。



――オリジナル曲の後は『和奇伝愛』シリーズの楽曲。どんな曲に仕上がりましたか?



6、7曲目の『薫り語り』『薄氷祈り』は『和奇伝愛』というドラマCDの主題歌です。感情を奪われて、人との出会いで心を取り戻していく女の子が主人公の物語。
改めて『薫り語り』を聞くと、「感情って、一体なんなんだろう」と考えさせられますね。「幸せ」や「悲しい」、「嬉しい」……。生きていれば誰でも感じる気持ちだけれど、今まで自分が築き上げてきた価値観は自分だけのものであって、誰かの考えや想いに触れて刺激を受けることによって様々な見方が生まれて変化していくのではないかな、と思います。 『薄氷祈り』は、『巫ノ物語』の主題歌です。和奇伝愛シリーズの中でも謎の多い、巫というキャラクターの過去を描いたストーリーなので、曲も少し変わっています。昔話が始まりそうなイントロから入って、メロディもどことなく懐かしい感じです。



――8、9、10曲目と、『薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会』の楽曲が続きますね。



この作品は、『薄桜鬼』シリーズですが、ミニキャラの隊士達がワイワイ騒いでいるようなゲームなので、いつもの薄桜鬼シリーズとは違うテイストの楽曲でした。明るくてポップで、歌っていると楽しいですね。
オープニングテーマの『アコガレ玉手箱』は、タイトル通り、夢とか希望とか、ワクワクする気持ちが玉手箱に詰められているイメージ。この曲はコールアンドレスポンスがある曲なので、ライブでも盛り上がるのではと思います。
『逆転ウヱーブ』は挿入歌。Aメロがなぞなぞみたいな印象です(笑)。落ち込んだ時に聞いて、元気になってほしいです。
エンディングテーマの『くす玉ハート』は、どことなく昭和っぽい雰囲気が気に入っています。後半で「パ パヤ ティアララ ダディダ」と歌う箇所があるのですが、歌いながら踊っちゃってください!



――そして『薄桜鬼 真改 華ノ章』の2曲。この作品は『薄桜鬼 真改 風ノ章』の続編ですよね?



『嵐の中で咲く華』はオープニングテーマ、『命ノ相聞歌』はエンディングテーマですね。 オープニングはバシッとかっこよく決めるイメージで表現しました。『瑠璃ノ空へ』よりも、もっと前へ、と突き進む力強さを歌った曲です。
エンディングは女性の心がすごくよく出ている楽曲だなと思います。例えば出だしの「言葉にすればほんの一片の言の葉」という歌詞はきっと、「この人のこと、好きだな」と無意識に呟いちゃって、本人に聞かれてしまう。それで恥ずかしくて逃げてしまうけれど、その人は追いかけてきて、優しく抱きしめてくれるんです。もう、想像するだけで胸キュンです!



――最後の楽曲『デイジー』は、作曲が霜月はるかさんなんですね。



今、全国ツアーを回っているのですが、そのライブのテーマに沿うような曲で、みんなと楽しめる曲があったらいいなと思って、霜月さんに「みんなと一緒に歌えるような曲をお願いします!」と頼みました。まさしく求めていたような曲を作っていただけて嬉しいです。
全国各地で私を待ってくれている人や、一緒に回ってくれている人に「ありがとう」を伝えることを意識しています。私とお客さんが掛け合う箇所もあるので、早くライブで歌いたいですね。




いつも来てくれるみんなに、「ありがとう」を伝えたい


――今回の全国ツアーでは、47都道府県を回っているんだとか?



いつも、みんなが私のためにライブに来てくれているので、今回のツアーでは私がみんなの所に行きたくて。ワンマンライブなので、お客さんとの距離も近くて、嬉しいです。いつも応援してくれている皆さんに、「ありがとう」の気持ちを伝えたいな。



吉岡亜衣加 インタビュー

――全国ツアーの日程を見ると、なかなかのハードスケジュールですね。



毎日違う県にいますね(笑)。
でも時間がないなりに、ご当地の美味しいものを食べたりしているので、意外と全国各地を満喫できていますよ。沖縄では2日くらいお休みが取れたので、少しだけ観光もしました。
ライブにきてくれる方の半分くらいは地元の方なのですが、私と同じように各県を回っているファンの方もいるんです。すごくありがたいし、毎日顔を見ることができて楽しかったです。
ちなみに、トークの日は皆さんに掛川のお茶を入れて、まったりしながら、掛川茶の布教活動をしています(笑)。



――掛川のお茶大使ですもんね。



今年でお茶大使6年目なので、大使らしいことをもっとしようと思って(笑)。
布教だけではなくて、全国各地のお茶を知るのも面白いですね。
九州では「釜炒り茶」が有名だそうで、味わってきました。蒸すのではなくて炒めるから、香ばしくて美味しかったです。
沖縄は「ぶくぶく茶」。お米を煮出したお水とお茶を混ぜて泡立てるものです。それを、お赤飯や雑炊にかけていただく。お茶漬けのような感じです。
ちょうど今、「日本茶インストラクター」という資格の勉強をしていて、掛川茶だけでなく、他の地域のお茶のことについて知ることができるのも、刺激になって励みになります。



――お疲れもたまっているのでは?



確かに、回る前は心配だったのですが、意外と平気です!
私の歌やお話を聞きに来てくれる方たちに、いつもパワーをもらっています。
ただ、九州と沖縄の気温差がすごくて、それは少しキツかったですね。
あと、美味しいものを各地でたくさん食べているので、太らないように趣味のボルダリングで体の調整をするように心掛けています。




「お茶」に「ボルダリング」、「冷凍実験」!?


――以前のインタビューでもボルダリングに触れていましたが、長く続けているのですね。



始めてから大体2年になりますかね。
ボルダリングは、東京オリンピックで種目にも選ばれたので、最近ますます人気が出ているスポーツです。
インナーマッスルが鍛えられるからムキムキにもならず、女性にはピッタリなので、ぜひ!



吉岡亜衣加 インタビュー

――他に最近ハマっているマイブームはありますか?



「冷凍」にこだわっていますね!
冷凍食品ではなくて、お野菜とか、自分で作ったものを冷凍して、解凍して食べています。 冷凍することによって美味しくなるものとか、残念なことになるものとか……。ひとつひとつ試すのが実験みたいで楽しいんです(笑)。
トマトとかお肉とかきのことか、冷凍すると美味しいですよ。特にトマトは、冷凍されたまま水に入れると、皮がスルッと剥けて便利です。皮を剥いて、凍ったままミキサーにかければ、そのままお料理にも使えますし。
逆に冷凍しちゃいけないのは、こんにゃくと白菜。気をつけた方がいいです(笑)。



――多趣味で明るく、人懐っこい吉岡さんでした。47都道府県を回るツアー、ニューアルバムと、精力的な活動を繰り広げる吉岡さん。あなたの街に訪れる日も近いかも……!?


初回限定盤
虹をつないで
品番:KDSD-00970-971
価格:¥3,800+税
―――――――――――――――
通常盤
虹をつないで
品番:KDSD-00972
価格:¥3,000+税

吉岡亜衣加7thオリジナルアルバム「虹をつないで」

2017年2月15日(水) リリース!!



01. 瑠璃ノ空へ
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 真改 風ノ章」オープニングテーマ) 歌詞を表示します
02. 常盤火
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 真改 風ノ章」エンディングテーマ) 歌詞を表示します
03. 静かなる奔流
(ブラウザゲーム「薄桜鬼 士道演戯」エンディングテーマ) 歌詞を表示します
04. 旅立ちの時〜未来へと〜 歌詞を表示します
05. YELL 歌詞を表示します
06. 薫り語り
(オトメイトレコード「和奇伝愛」主題歌) 歌詞を表示します
07. 薄氷祈り
(ドラマCD和奇伝愛「巫ノ物語」主題歌) 歌詞を表示します
08. アコガレ玉手箱
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会」オープニングテーマ) 歌詞を表示します
09. 逆転のウヱーブ
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会」挿入歌) 歌詞を表示します
10. くす玉ハート
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 遊戯録 隊士達の大宴会」エンディングテーマ) 歌詞を表示します
11. 嵐の中で咲く華
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 真改 華ノ章」オープニングテーマ) 歌詞を表示します
12. 命ノ相聞歌
(Playstation Vita用ゲーム「薄桜鬼 真改 華ノ章」エンディングテーマ) 歌詞を表示します
13. デイジー 歌詞を表示します

吉岡亜衣加ニューアルバム「虹をつないで」発売記念イベント

吉岡亜衣加ニューアルバム「虹をつないで」の発売を記念して、ミニライブを開催します。 当日、会場にてCD を購入された方を対象にサイン会を開催いたします。 観覧は無料ですので是非お越しください。


【日時】2017 年2 月18 日(土)13:00 〜、15:00 〜 ※2 回公演
【会場】大阪・三井アウトレットパーク 大阪鶴見 3Fプラザステージ
【内容】ミニライブ&サイン会

【日時】2017 年3 月4 日(土)13:00 〜、15:00 〜 ※2 回公演
【会場】埼玉・ベニバナウォーク桶川 1F センターコート
【内容】ミニライブ&サイン会

【日時】 2017 年3 月5 日(日)13:00 〜
【会場】 タワーレコードららぽーと立川立飛店 イベントスペース
【内容】 ミニライブ&サイン会 ※観覧フリー

【日時】2017 年3 月11 日(土)13:00 〜、15:00 〜 ※2 回公演
【会場】埼玉・イトーヨーカドー錦町店 正面入口イベントスペース
【内容】ミニライブ&サイン会

【日時】2017 年3 月18 日( 土) 14:00 〜
【会場】大阪・アニメイト大阪日本橋5F イベントホール
【内容】ミニライブ&サイン会 ※購入者イベント

【日時2017 年3 月19 日( 日) 12:00 〜
【会場】兵庫・アニメイト三宮店
【内容】CD ジャケットサイン会 ※購入者イベント

詳細はコチラ

ライブ

吉岡亜衣加全国ツアー2016〜2017「心で出逢う47都道府県の旅」開催中!


■高知公演【日時】2017 年02 月11 日(土)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】高知 Sha.La.La-BOURBON&LIVE BAR ※ライブ&トーク

■徳島公演【日時】2017 年02 月12 日(日)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】徳島 ライブハウス 寅家 ※ライブ&トーク

■香川公演【日時】2017 年02 月13 日(月)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】高松 SPEAK LOW ※ライブ&トーク

■愛媛公演【日時】2017 年02 月14 日(火)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】松山 juke joint つる ※ライブ&トーク

■山口公演【日時】2017 年02 月15 日(水)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】周南 ライブハウスGumbo ※ライブ&トーク

■広島公演【日時】2017 年02 月16 日(木)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】広島 LIVE cafe Jive ※ライブ&トーク

■岡山公演【日時】2017 年02 月17 日(金)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】岡山 MO:GLA

■和歌山公演【日時】2017 年 03 月 14 日(火)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】 Vintage ※ライブ&トーク

■奈良公演【日時】2017 年03 月15 日(水)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】 香芝 Cafe Pop-inn ※ライブ&トーク

■滋賀公演【日時】2017 年03 月16 日(木)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】守山 LIVE BAR CROSS ROAD ※ライブ&トーク

■京都公演【日時】2017 年03 月17 日(金) 【開場】18:30【開演】19:00 【会場】SOLE CAFE ※ライブ&トーク

■大阪公演【日時】2017 年03 月18 日(土)
【開場】18:30【開演】19:00 【会場】ヒルズパン工場ライブハウス

■兵庫公演【日時】2017 年03 月19 日(日)
【開場】15:00【開演】15:30 【会場】カフェ萬屋宗兵衛 ※ライブ&トーク

■鳥取公演【日時】 2017 年03 月20 日(月)
【開場】12:30【開演】13:00 【会場】TSUTAYA 角盤町店 3F 多目的ホール ※ライブ&トーク

■島根公演【日時】2017 年03 月21 日(火・祝)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】松江 Music Bar Birthday ※ライブ&トーク

■福島公演【日時】 2017 年04 月15 日(土)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】Live & Coffee Bar Re-Acoustic ※ライブ&トーク

■宮城公演【日時】 2017 年04 月16 日(日)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】Cafe de Lucille

■山形公演【日時】 2017 年04 月17 日(月)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】蔵オビハチ ※ライブ&トーク

■秋田公演【日時】 2017 年04 月18 日(火)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】カフェ・ブルージュ ※ライブ&トーク

■岩手公演【日時】 2017 年04 月19 日(水)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】すぺいん倶楽部 ※ライブ&トーク

■青森公演【日時】 2017 年04 月20 日(木)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】BAR SPACE 1/3 ※ライブ&トーク

■北海道公演【日時】 2017 年04 月22 日(土)
【開場】18:00【開演】18:30 【会場】musica hall cafe ※ライブ&トーク

■5 月スケジュール(関東・甲信)
東京、埼玉、千葉、神奈川、栃木、群馬、茨城、長野、山梨

詳細はコチラ





記:つづき

この記事にコメントする
<関連記事>
【動画コメント有】等身大のmaoとの『dialog』
【動画コメント有】「ずっと、音楽を届け続けたい」 霜月はるかスペシャルインタビュー
【動画コメント有】「全ての人に寄り添う歌を――」織田かおりスペシャルインタビュー

<関連商品>