アニメマンガ・声優・アニソン・歌詞のあきば向けカルチャー情報を配信

トップピックアップ
カテゴリー:アニソン

【インタビュー】実力派シンガーソングライターの素顔に迫る!吉岡亜衣加の意外な趣味とは!?

2015.09.02 15:00

吉岡亜衣加ビデオ・メッセージ  
このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

※iPhone・iPad等モバイル用の動画はコチラをタップ!

Adobe Flash Player を取得


ゲームやアニメでお馴染みの「薄桜鬼」シリーズの主題歌を担当するシンガーソングライター、吉岡亜衣加。9月2日にはシリーズ主題歌が数多く収録されるアルバム「ことの葉の空へ」をリリース。切なさと力強さを持ち合わせた歌声で多くのファンの心を掴んでいます。また、出身地である静岡県掛川市のお茶大使としても活躍中です。今回のインタビューでは、曲に懸ける想いからお茶へのこだわり、意外な趣味まで語っていただきました。癒しのほんわかムード漂うインタビューを、ぜひお楽しみください!


――9月2日に、オリジナルアルバム「ことの葉の空へ」がリリースされますね! アルバムの中で気に入ってる曲は?



う〜、選びがたい(笑)。
全部気に入っていますが、しいて言えば一曲目の「桜の轍」は、サビから始まってカッコイイので、私の中ではライブで気持ちよく歌える曲ですね。ファンの方からリクエストもよくいただく曲です。



――ライブで盛り上がれるような曲が好き?



皆と一緒に盛り上がれる曲も好きですし、しっかりと歌詞を伝えるような曲も好きです。
でも自分の中で印象に残るのは、ライブで盛り上がる曲が多いかなと思いますね。
アーティストとして、ライブはファンのみんなと一体になることができる道具というか…すごく重要で大切なものです。



――私は5曲目の『なりたい私に』が好きなんです!



ありがとうございますー(笑)!
この曲は新曲ですね。私が作詞作曲させていただいたので、私にとっても思い入れがある曲です。
今回は新曲として『なりたい私に』と『おかえり』の2曲が入っています。両方とも初めてこのアルバムに収録して皆さんに聴いてもらうので、どんな風に聞いてもらえるか楽しみです。



――作詞作曲もされるんですね。



自分で書くときは「伝えたい想い」を大切にしています。この想いを伝えたいというテーマを決めて書くことが多いかな。
基本的には詞を先に書いて、それにメロディをつける感じ。先に書きたいテーマを言葉で表現して、イメージを膨らませるんです。
詩を提供していただく場合は謎解きをするような気持ちで臨んでいます。詞を見て、その曲を読み取るんです。「ここでこの気持ちが出てくるんだ」「主人公はこういうことがあったのね」「情景はこんな感じなのね」って。 自分で作詞作曲もするので勉強にもなるし、その方がスッと曲の輪郭が自分の中に入ってくるんですよね。



――新しいアルバムをリスナーさんにはどのように楽しんでいただきたいですか?



今回収録している曲が13曲なのですが、そのうち8曲がこのアルバムで初出し!そのため、フルで初めて聴いていただく曲がたっぷりなんです。リスナーのみんなには、新鮮な気持ちで聴いてもらえるかなと思います。
「薄桜鬼」シリーズにはずっと関わらせていただいているのですが、同じシリーズの曲でも重い曲があったり疾走感のある曲があったり、曲調が全然違ったりするので、さまざまなアプローチの仕方がある所を楽しんでもらいたいですね。



吉岡亜衣加 インタビュー


――10月7日にリリースされる『瑠璃ノ空へ』について聴きどころなどお聞かせください。



『薄桜鬼 真改 風ノ章』のOPテーマ『瑠璃ノ空へ』は、疾走感があって背中を押してくれる曲。前に前に進んでいく曲になっています。新撰組のお話なので、動乱の時代を生き抜く隊士達の姿が描かれていて、すごく「薄桜鬼」らしい曲だと思います。
もう一曲の『常磐火』はEDテーマで、こちらは情熱的な曲になっています。「薄桜鬼」のEDテーマは爽やかだったりしっとりしていたりする曲が多いのですが、今回は情熱的にアツく歌ってみました。
『瑠璃ノ空へ』は突き進むイメージ、『常磐火』はたたずむイメージで、ある意味正反対の曲だと思うので、その違いも楽しんでいただきたいです。



――「薄桜鬼」シリーズほとんど全ての楽曲を担当されていますが、ゲームはプレイしましたか?



デビュー曲が「薄桜鬼」シリーズの一番初めの作品だったのですが、その時に「薄桜鬼ってどんな作品なんだろう?」と思って、初めて乙女ゲームをプレイしました。こういったノベルゲームを初めてやったので、「ゲームなのに言葉がいっぱい出てくる!」って驚きましたね(笑)。小説みたいに物語の続きが気になる気になる〜って読み進めてしまって、結局初プレイで徹夜しました(笑)。
シリーズの中にはミニゲームが入ったものもあったりとか、前の作品の裏側を描いたものがあったりとか…すっかりハマってしまって、いち「薄桜鬼」ファンとして楽しんでいます。大好きな作品に関われることがとても嬉しいですね。
「薄桜鬼」は乙女ゲームっぽい胸キュンのシーンもあるのですが、男同士の堅い絆だとかアツい部分もあって、老若男女問わず感動できるんです。うちの父も劇場版の主題歌を私が歌っているので観に行ってくれて、「続編はいつでるんだ!」って言っていました(笑)。




――どのキャラが好きですか?



私は最初っからずっと斉藤一さんが好きなんです……!! どのキャラクターもかっこいいんですけど、一番最初に「この人素敵だな」って思ってからずっと一途に推しています(笑)。



――他の乙女ゲームはやりますか?



他の乙女ゲームに挑戦したいけど、また徹夜になるんだろうなって思うとなかなか手が出なくて…。今なら大丈夫! 時間作れる! って時を見極めています(笑)。



――他の普通のゲームはやりますか?



私、単純なゲームが好きなんです。パズルゲームとか、マリオカートみたいなものとか。古いやつだと、ロードランナーにはまってましたね。ファミコンのやつ。
穴を掘って、そこにはまらないように進むっていう、すごいシンプルなゲームです(笑)。ロードランナーって、面がかなりいっぱいあるんですよ。気が済むところまで行かないと止められないんですよね……。



――集中力があるタイプなんですね。他に今ハマっているものはありますか?



ハマるとなかなか抜け出せないタイプですね。なかなか止め時を見つけられないというか(笑)。
最近ハマっているのはボルダリング! 石のついた壁を登る、アレです。これもまたゲーム感覚でやってますね。
ボルダリングには難易度別のコースがあるんですけど、「このパターンのコースをがんばるぞ!」って登って、クリアできたら「よし、じゃあ次はもうちょっと難しいこのコース!」ってどんどん進めていく感じです。コースをクリア出来ると達成感があって楽しいんですよ!私、基本的に運動はあまり好きじゃないんですけど、ボルダリングは楽しくやってます。ストレス発散にもなりますし、程よく汗もかくのでいいですよ!オススメです!



――最近やってる人増えてますよね! 始めたのはどういったきっかけで?



スタッフさんでボルダリングをやっている人がいてすごい面白いっておっしゃってたので、行ってみようかな、と思って半年くらい前から始めました。調べてみたらスタジオもたくさんあるのを知って、それからちょこちょこと色んな所を回ってます(笑)。はしごを登れる筋力があれば誰でもできるって聞いて始めたんですけど、初めて行った日の翌日は二の腕パンパンになりましたね。ドアがあけられないくらい(笑)。



吉岡亜衣加 インタビュー


――(笑)話がガラッと変わるんですが、「お茶大使」として活躍中だとか?



そうなんです! 私は「掛川茶マイスター」という資格を持っています。私の地元が静岡県の掛川市というお茶所なのですが、「深蒸し茶」という、普通のお茶よりも多く蒸しているお茶が有名なんです。普通のお茶よりも色も味も濃くて体に染みるお茶なんです。私は小さい頃からそのお茶を飲んで育ってきて、すごく大好きな地元の味という感じで。それが美味しく入れられるための検定っていうのが「掛川茶マイスター」という資格なんです。地元の歴史を知れたり、今まで飲んでたお茶でももっと美味しく淹れられるって知ることができて良かったと思います。その資格を持っている人は、掛川市の中でも、「このお店には掛川茶マイスターがいますよ」ってマップにも載せてもらえるんですよ!(笑)



――静岡の方ってやっぱり毎日お茶を飲むんですか?



毎日飲みますね!すごい量を飲んでると思います。私たちはなんとなく朝・昼・晩に1杯ずつくらい飲んでいるんですが、掛川市の市長さんは一日にお茶を20杯飲むっておっしゃってました(笑)。



――ブレンド茶も作られているとか?



やぶきた茶を8割と天葉(あまね)の中のつゆひかりという品種を2割をブレンドしたものなんです。これを作ったときは専門的なことは何も解らなかったので、味とか香りを飲んで確かめて飲んで確かめてって繰り返し掛け合わせて作りました。
私が気にいっているお茶がさえみどりというものなのですが、それは単体で飲むと一番好きなんです。でも、他のお茶と掛け合わせると「あれ、なんか違うな?」ってなっちゃって。つゆひかりは私の中では2番手だったのですが、掛け合わせるとすごく美味しかったんです。いろいろな発見があって、すごく面白かったです。



――私のようなお茶ビギナーでも違いがわかるものなのでしょうか…(笑)?



普段あまりお茶を飲まない方でもわかると思います! 私のファンの子も、私が「お茶が美味しくて、あのお茶が、このお茶が」って言いまくっているのでさすがにお茶に興味が出てきたみたいで(笑)私のグッズのお茶を買ってくれたり。ファンミーティングのような交流会でお茶会を開いて急須でお茶を淹れてると「美味しい!」「いい香りがする〜!」って言ってくれるんです。あとは茶摘会というのも行ってまして、八十八夜(4月の終わり〜5月の頭くらい)の近くに茶摘をしています。
3、4年くらい前までは私が一人で茶摘をしてスタッフさんに写真を撮ってもらったりしていたのですが、折角の機会だし、ぜひお茶に興味が出てきたファンの子達にも!と思って始めました。茶摘をした後に、手もみで製茶もしました。



――地元を愛してらっしゃるんですね!



慣れ親しんだというのもありますが、人も穏やかだし、のどかで良いところなんですよね。やはり東京に上京してから余計にそう思うようになりました。私が住んでいた所は城下町だったので、その跡が残っていたりとか昔からの小さなお店があったりとか、町並みも風情があって好きなんです。あとは海が近いです。風が強いので、砂浜に風紋ができてキレイなんですよ。



吉岡亜衣加 インタビュー


――10月には『オトメ♡コンサート2015』がありますね!



そうですね。織田かおりちゃんとmaoさんと。前もこのメンツでライブをやったことがあって、その時は『薄桜鬼&AMNESIAコンサート』という形だったのですが、今年はもっとゲームのタイトルを増やして、オトメイトの楽曲を中心にした充実したライブ内容になると思います。全曲生バンド演奏なので迫力のあるステージになると思います。



――『オトメ♡コンサート2015』への意気込みをお聞かせください。



「薄桜鬼」はデビューからずっと関わらせていただいている作品なので、その楽曲たちをたくさん歌えるのがすごく楽しみです。作品のファンの方もきてくださると思うので、一緒に薄桜鬼の世界観だとか、他のオトメイト作品の世界観だとか、私たちとファンの方とで一体となって楽しめたらと思います。



――織田かおりさんとは仲が良いんですか?



そうですね、会うたびに「あいかちゃん大きいよね?大きいよね?」「かおちゃんもやっぱり大きいよね?大きいよね?」って言い合う仲です(笑)。
二人とも背が高くて同じくらいの身長なので、いじり合ってます(笑)。



――(笑)最後に今後の活動について、やってみたいことはありますか?



ライブで言うと、弾き語りコンサートとか、やってみたいですね…!新たな挑戦をしていきたいです! 今年の夏にはアコースティックライブをしたのですが、それが新鮮で楽しくて。それもまたやりたいですね。自分で作詞作曲した曲はもちろんのこと、自分にいただいた楽曲にも今まで以上に思い入れができるくらい読み込んで、今後も精一杯皆さんにお届けしたいと思っています。あとは、海外ライブですね!これまでも何回か行かせていただいたのですが、言葉がお互い解らない状態で、でもライブでは一体になって空間を作り上げることができるということがとても楽しくて、嬉しくて。国も言語も違っても、音楽って一つになれるんだな、ステキだなって思ったんです。これからも海外でのライブも頑張りたいです。ヨーロッパにまだ行った事がないので、是非行ってみたいですね!イタリアとかパリとか。



――ありがとうございました!吉岡さんのニコニコとした笑顔で、和やかな楽しいインタビューでした。海外にも進出し始めた吉岡さんの今後の活躍をお見逃しなく!!


ことの葉の空へ 初回限定盤
初回限定盤
品番:KDSD-00810-00811
価格:¥3,800+税
ことの葉の空へ 通常盤
通常盤
品番:KDSD-00812
価格:¥3,000+税

new single 「ことの葉の空へ」

2015/9/2 [wed] release!!


Disc:CD
M1. 桜の轍歌詞を表示します
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼 鏡花録」オープニングテーマ)
M2. 星篝り
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼 黎明録 思馳せ空」オープニングテーマ)
M3. 星と真珠と夢と
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼 随想録 面影げ花」エンディングテーマ)
M4. 風光る結晶
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼 随想録 面影げ花」オープニングテーマ)
M5. なりたい私に
M6. 予感
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼SSL 〜 sweet school life 〜」オープニングテーマ)
M7.水彩グラデーション
(PlayStation®Vita 専用ゲーム
「薄桜鬼SSL 〜 sweet school life 〜」エンディングテーマ)
M8.蒼穹ノ旗歌詞を表示します
(「劇場版 薄桜鬼 第二章 士魂蒼穹」主題歌)
M9.紅ノ絲歌詞を表示します
(「劇場版 薄桜鬼 第一章 京都乱舞」主題歌)
M10.蒼き隼が如く歌詞を表示します
(PlayStation®Portable 専用ゲーム
「裏語 薄桜鬼〜暁の調べ〜」オープニングテーマ)
M11.白き誓い
(「薄桜鬼 for iOS & Android」オープニングテーマ)
M12.優しさの隣で
(「薄桜鬼 for iOS & Android」エンディングテーマ)
M13.おかえり


ライブ

オトメ♡コンサート2015



「薄桜鬼」シリーズ、「AMNESIA」シリーズ、「Code:Realize 〜創世の姫君〜」、「忍び、恋うつつ」など人気ゲームブランド・オトメイトの楽曲を中心に、全曲生バンド演奏でお送りする迫力のライブステージ。



会場:Zepp Tokyo
日時:2015/10/18 [sun]
開場:16時15分
開演:17時00分
詳細はコチラ


『ことの葉の空へ』発売記念イベント

【ミニライブ&サイン会】※観覧フリー
兵庫県・阪急西宮ガーデンズ 4F スカイガーデン 木の葉のステージ


日時:2015/9/21 [mon]
開演: 14:00〜 16:00〜 ※2回公演


【ミニライブ&サイン会】※観覧フリー
名古屋・アスナル金山 明日なる!広場


日時:2015/9/22 [tue]
開演:12:00〜


【ミニライブ&サイン会】※観覧フリー
名古屋・アニメイト栄(名古屋PARCO西館1Fスペース)


日時:2015/9/22 [tue]
開演:12:00〜


【ミニライブ&サイン会】※観覧フリー
静岡県磐田市 ららぽーと磐田 屋外イベント広場


日時:2015/9/23 [wed]
開演:13:00〜 15:00〜 ※2回公演


【トーク&ミニライブ】
アニメイト横浜


日時:2015/9/26 [sat]
開演:13:00〜


【トーク&ミニライブ】
アニメイト札幌 animatehall SAPPORO


日時:2015/10/3 [sat]
開演:15:00〜


【トーク&ミニライブ】
アニメイト仙台 animate hall SENDAI


日時:2015/10/4 [sun]
開演:15:00〜



詳細はコチラ






記:つづき
この記事にコメントする
<関連記事>
【インタビュー】9nineメンバーが語る『MY ONLY ONE』
【渋谷ワンマンライブ間近!】タカオユキ スペシャルインタビュー
【6/24『ふたり綾とり』リリース】織田かおり スペシャルインタビュー

<関連リンク>
吉岡亜衣加 - TEAM Entertainment
吉岡亜衣加オフィシャルブログ「ゆっくり歩こう」

<関連商品>