アニメマンガ・声優・アニソン・歌詞のあきば向けカルチャー情報を配信

トップピックアップ
カテゴリー:アキバ

【ブレイク寸前!アイドル特集 第2弾】バクステ外神田一丁目独占インタビュー(1/3)

2014.11.21 12:00
バックステージ外神田一丁目インタビュー
1
2
3

真のアイドルを目指し、日々夢に向かって疾走している100人以上のアイドルキャストを擁する「ル・アイド芸能社」が運営するカフェレストラン・AKIHABARAバックステージpass。キャストメンバー全員が所属する『バクステ外神田一丁目』の4ユニットからそれぞれリーダー・副リーダーにお話を伺いました。輝く個性を持ち活躍する彼女達の素顔が垣間見える、楽しいインタビューでしたよ!ご期待ください。



チーム愛あふれるアイドル


――まずは自己紹介をお願いします。

諸星あずなさん(以下諸) 「おはようございます!プロデューサー!私たち、バクステ外神田!」
一同 「一丁目(いっちょめ)です!よろしくお願いします!」

――よろしくお願いします!最近、ユニットが結成されたと伺いました。

諸 「そうなんです!本当に最近結成されたばかりなんです(笑)」
亀戸えりさん(以下亀) 「まだ定まりきってないよね(笑)まだまだ試行錯誤しておりますが、がんばります!」

――それでは、各ユニットごとに活動内容を教えていただいてもよろしいですか?

一同「はいっ!」

諸・有田りあさん(以下有) 「私たちは、レクリエーションチームです!」
諸 「レクリエーションチームは、バックステージパスの中・外含めていろんなレクリエーション方面からバクステを盛り上げていくチームです。」

(左から)有田りあ 諸星あずな

東雲由姫さん(以下東) 「ニュースペーパーチームは、バックステージパスの情報やキャスト個人個人の情報を世間に発信・時には新聞を作って号外を配ったりネット配信を行い、情報の方面からバクステを盛り上げていくチームです!」
蒼嶋夏恋さん(以下蒼) 「ネット配信はじまったもんね。」


亀 「ヘルスケアチームは…。お客様やキャストの健康や身だしなみをチェックし、バクステのイメージアップ!フード&カルチャーチームと組んで健康メニューの提案や、定期的に健康のサポート。健康の方面からバクステを盛り上げていくチーム。…です!」

(左から)亀戸えり 弘松菜摘

広沢麻衣さん(以下広) 「フード&カルチャーチームはバクステグッズやフード・ドリンクなどの面から「バクステ文化」を盛り上げていくチームです。」

――どんなユニットにしたいですか?

有 「レクリエーションチームは、メンバーがふわふわしてる感じの子が多いんです…。しっかりしてないイメージが強いんですけど、そのメンバーの一人ずつがキラキラした存在になれるように、皆で成長していいチームにしていきたいと思ってます!」

東 「ニュースペーパーチームは、情報発信のところから盛り上げていくっていう目的があるので、バクステを自分たちで率先してがんばっていきたいです。」
蒼 「結構抜けてる子が多いので、自覚を持ってやっていけるようなチームにしていきたいなと思ってます。全体で集まった時にメンバーを引っ張っていけるようなユニットになりたいです。」
東 「しっかり者を育てていきたい!」

亀 「ヘルスケアチームは…割と、暑苦しいメンバーが多いんです(笑)歌もダンスもMCも全部面白いって言われるようなチームにしたいですね。あとは、ステージとかにカメラがあったら貪欲に皆いってほしいなっていうのは思います!」
亀・弘松菜摘(以下弘) 「…記録より、記憶に残るチームに…していきたい(笑)」

七海とろろさん(以下七) 「フード&カルチャーチームは、何期生だとかって関係なく『我こそは!』って子が多いので、本当にやる気のあるメンバーが揃ってくれたなって感じなんです!それをうまく麻衣ちゃんは引っ張ってくれると思います(笑)」
広 「(笑)」
七 「メンバーひとりひとりの個性が加わった時に出来るパワーを活かす場を増やしていきたいなって思います。私はアニメとか好きなんですけど、麻衣ちゃんはアイドルが好きだったり、うちのチームはそれぞれいろんなジャンルに詳しい子がいるので、いろいろな角度から物事を見て、いろんな案を出していって、型にはまらない面白い企画をたくさん出していけたらなと思っています。」

(左から)七海とろろ 広沢麻衣

――メンバーの皆さんで遊びに行ったりするんですか?

亀 「行きますよ!焼肉行ったりとか!」
弘 「昨日も、のめちゃんと2人でライブ見に行ったよね。」
東 「みんなが一生懸命働いてる中ね。」
亀 「ちょっと待って。誘われてないんだけど(笑)」
一同 「(笑)」
蒼 「お泊りとかたこ焼きパーティとかもしますよ!」

(左から)蒼嶋夏恋 東雲由姫

――皆さん仲良しなんですね。キャストさんが100人以上いらっしゃいますけど、派閥とかってないんですか?(笑)

一同 「派閥!?(笑)ないですないです!(笑)」
七 「あ、でも、1期生だけで遊んだりはしたよね?」
東 「あ〜あったねぇ」
亀 「ライブのあとに親睦会みたいな感じでみんなでご飯食べたりしてます!全然仲悪くないです!!(笑)」
一同 「(笑)」
広 「今、1期生から7期生まであるんですよ!だから、7期生まで全部とかはまだ仲良くなりきれてない部分もありますけど、たぶんそれぞれの期で仲良くしてると思います。でも、こうやってチーム制になったことで、今まで関わったことのない後輩の子とも関わる機会が増えるので、そういう面では、"バクステ外神田一丁目"としてのグループ愛もそうなんですけど、チームごとのグループ愛というか、そういうのも増えるんじゃないかなって思います。」

――最近メンバー内で面白かったこととかありました?

弘 「面白いことだらけだよね。」
東 「昨日、一昨日でバクステ文化祭をやったんですけど、そこでの企画内容とかが面白かったです。」
七 「アニソンとか、ダンスとか、それぞれの好きなジャンルでステージをやるっていうのをやってたんですけど、昨日はアニソン同好会がすごい盛り上がりました!」

――同好会とは?

亀 「一夜限りのユニットというか、そのステージ1回のためにメンバー集めるんです。」
七 「でも、そこにすごい気合を入れて…私は1年前からアニソン同好会楽しみにしてたんです(笑)バクステはイベントが多くてその一つ一つに沢山の思い出が詰まっていて、かけがえのない時間を過ごさせていただいて…幸せです。」
亀 「昨日は後輩達もすごい頑張ってたんです!同好会の合間でお笑い系のネタに走った企画で、なりきり選手権っていうのをやったんですけど、そこで後輩の知られざる一面が見れました。すごい大人しそうにしてる子がエハラマサヒロさんの物真似してたり(笑)」
東 「みんなでアーティストさんになりきって、ワンコーラス歌うっていう内容だったんですけど、『マァクナァルド〜 ハイ セイ!』みたいな(笑)普段は礼儀正しい子なんですけど、サングラスかけてダンボールで作ったギター弾きながら、『セイ!』とか言ってて。満場一致でその子が優勝しました(笑)」

――すごいですね(笑)皆さん1期生ということですが、イチオシの後輩はいますか?

弘 「私は、4期生の松本ふうかちゃんって子、すごいかわいくて!先輩のいいところ全部吸収しようっていう貪欲な子でして、声がものすごく可愛いんです!」
亀 「ヘルスケアチームなんです(笑)」

諸 「うちのレクリエーションチームはー!」
七 「おー、チームごと!」
有 「やっぱりね、チームごとで初めての取材だから(笑)」
諸 「チームの中で言いますと、5期の佐藤栞ちゃんが、一見すごいだらしない子なんですけど。」
有 「でもすっごいかわいいんですよ!全然そんな感じをさせない美貌なんですよ。」
諸 「この前チームで初チームライブをしたんですね。その時に、あっ、この子頑張り屋さんなのかもしれないっていう一面があって、これから伸びてってくれるんじゃないかと。」
有 「うん、期待できる人材ですね!」
弘 「どんな一面?」
諸 「あることについて注意をしたんですよ!そしたら、ちゃんと受けとめてくれて。」
亀 「あの、お財布出しっぱなしとかそういう…?」
有 「(笑)時間にちょっとルーズなところがあって、そういうところをチームで意識して気をつけようって言ったんですね。そしたら、真剣に受けとめてくれて。これから伸びしろが期待できるんじゃないかな、と。」

蒼 「ニュースペーパーは…やっぱり、椎名恵ちゃん!ですね。」
東 「チームのリーダー・副リーダーを決める時に、立候補制をとったんですけど、わたしとか夏恋ちゃんとか一期生3人と5期生の椎名恵ちゃんが立候補したんですよ。」
蒼 「なかなかあの空気で行きにくかったと思うんですけど、後輩でもやるんだっていう気持ちを見せたかったっていう所で名乗り出てくれたんです。普段から積極的に出てくるし。」
東 「歌もダンスもめちゃくちゃうまいんです!…あと、さっきのなりきり選手権の子、白石優希ちゃんもですね(笑)」

広 「フード&カルチャーは…。」
七 「我らが最終兵器!6期生の宮部なみちゃんです!彼女、すっごい美人さんなんですけど、どこかずれてて…(笑)」
広 「でもあの子はきっと1期生に立ち向かってこれる!意見とかすごく言ってくれる気がするんですよ!しっかりしてて、自分を持ってて。一回チームでステージを作った時真ん中で歌ってもらったんですけど、すごくいきいきしてて。この子は…いいなって。」
七 「一生懸命にやってるのが面白いって、なかなかないじゃないですか!彼女が頑張ってるときって、すごく面白いんです。茶化してるわけではなく、単純に感動出来て面白いなって。きっと彼女はまだ才能をもてあましているので、これは絶対に活かすしかないって思います(笑)楽しみで仕方がないです!」





インタビューはまだまだ続きます!
もっともっと大きくなっていきたい



1
2
3
この記事にコメントする
<関連記事>
【ブレイク寸前!アイドル特集 第1弾】桃知みなみ独占インタビュー(1/3)
【ベストアルバム第6弾『なないろスコア』リリース】霜月はるか独占インタビュー(1/3)
【1st Mini Album『KANADE』リリース!】かなでももこの七色インタビュー(1/3)
超大型施策始動! KADOKAWAとアニメイトグループによるコラボショップが秋葉原に登場!!
神保町で女性向け!?リニューアルオープンした書泉ブックマートに行ってきました!

<関連リンク>
AKIHABARAバックステージpass 公式サイト

<関連商品>