アニメマンガ・声優・アニソン・歌詞のあきば向けカルチャー情報を配信

トップピックアップ
カテゴリー:マンガ

伝説のSF叙事詩 『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』 9/20発売!

2013.09.20 22:02
画像を拡大して表示
 2013年9月20日、SF界の巨匠アイザック・アシモフの小説をコミカライズした『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』(発行:株式会社サイドランチ)が発売された。

 SF好きならば知らなきゃモグリと言われるほど高名な作家であるアシモフ。SFに馴染みのない人は「アシモフ? …ホンダのロボット?」という疑問がよぎるかも知れないが、それはアシモ君だ。気持ちはよく分かるが、微妙に文字数が足りていない。

 ということで、まずはSF初心者の方々向けに、アシモフについて簡単な説明から始めていきたい。
 アメリカの作家として知られるアイザック・アシモフは、1920年ロシア生まれのニューヨーク育ち。幼い頃から稀有な才能を開花させ、わずか15歳でコロンビア大学に入学した。
 19歳で作家デビューし、大学院で化学を専攻しながらSF小説を中心に推理小説や科学エッセイなど幅広く発表。その後1998年に亡くなるまで、500冊を超える膨大な著作を発表しながら華々しい経歴を歩んでいった。
 2004年にウィル・スミス主演で公開された映画『アイ,ロボット』は、アシモフが1950年にSF短篇集『われはロボット』をヒントにして制作された。彼がこの作品で提示したロボット工学三原則は、後進のクリエイター達に多大なる影響を与えたと言われている。名前の由来はどうであれ、多少なりともホンダさんのところのアシモ君誕生に関与したとも言えるだろう。

 この『われはロボット』や後に続く『鋼鉄都市』などと並んでアシモフの代表作として知られるのが、今回紹介する『ファウンデーション』シリーズである。
 1951年に第1巻目が発行されて以降1950年代に3冊が、1980年代に続く4冊が発表された。特に初期に書かれた第1巻から第3巻までが三部作として知られている。今回コミカライズされているのは、三部作の中でも1巻第一部〜第三部までとなっている。
 SF作品といえどもドンパチ派手なアクションのない本作の最大の見どころは、登場人物の巧妙な駆け引きと彼らが織りなす人物ドラマ。SF作品と聞いて敬遠する人も、すんなりと作品に惹き込まれる内容となっている。原作ファンにはコミカライズによって微妙に設定が異なっているところを探すのも楽しみのひとつとなるかもしれない。

 全国書店で絶賛発売中の『銀河帝国興亡史1 ファウンデーション』。
 せっかくなので、最後に書店さんでの販売風景の一部をご紹介しよう。

 まずは秋葉原の有隣堂ヨドバシAKIBA店さん。新刊コミックコーナーにデカデカとパネルを掲げられている。他のコミックの邪魔じゃないかと少し不安になる。


コミックの殿堂・神保町のコミック高岡さん。
入り口脇に店員さんがわざわざカラーコピーで作ってくれた手製ポスターが貼られていた。


POPは少し傾いているが、残りが少なくなり追加注文したそうだ。


 サラリーマンのオアシス・あおい書店六本木店さん。
 コミックとともにPOPと見本誌も掲げられている。少年時代、布団を被ってSF小説にかじりついた六本木リーマンには、是非とも本書でかつてのワクワクを思い出してもらいたい。


と思ったら、予想以上に評判がよく、すぐに大幅に売り場が拡張された。


 上記以外でも、専門店では虎の穴さん、メロンブックスさん、アニメイトさん、
一般書店ならば丸善ジュンク堂書店さんやLIBROさん、紀伊國屋書店さん、TSUTAYAさんなどなど、大きな書店さんから小さな書店さんまで、案外手広く取り扱っている。

 気づけば涼しい風吹く9月後半。
 読書の秋に向けて、SF好きもそうでない人も、お休みにはお散歩がてらふらりと書店を覗いて見てはいかがだろうか。
   
【作品あらすじ】
銀河帝国の崩壊を予知した心理歴史学者ハリ・セルダン。
彼は未曾有の危機から人類を救うため、ある壮大な計画に着手する。

-----------------------------------------------------------
書名:銀河帝国興亡史1 ファウンデーション
ISBN-13: 978-4990256623
原作: アイザック・アシモフ/岡部宏之 訳(『ファウンデーション』早川書房刊)
作画: 卯月/久間月慧太郎 -Seldon Project-
B6判 定価 本体900円+税 (ISBN978-4-9902566-2-3)
出版社: 株式会社サイドランチURL http://www.sideranch.co.jp/
-----------------------------------------------------------

記:なっとう
この記事にコメントする
<関連記事>
4月20日『絵師で彩る世界の民族衣装図鑑』発売スタート!

<関連リンク>
Amazon内: 銀河帝国興亡史1 ファウンデーション
有隣堂 ヨドバシAKIBA店
コミック高岡
あおい書店 六本木店
早川書房

<関連商品>